eBay、Paypal手数料 PayPal手数料

eBay輸出 PayPalの手数料が4月30日までなら返金される!方法は?

 

 

 

2020年3月16日 eBay、PayPalで返金手続きを(全額、一部返金)した際に、PayPal手数料が返金されなくなったという規約変更が先日ありました。

 

eBay輸出 2020年 PayPal規約変更!手数料が返金されなくなった

 

ですが、本日PayPalに問い合わせしたところあることをすれば4月30日までならペイパル手数料が返金されると言われました。

今回はペイパル手数料を戻してもらう方法(現段階4月30日まで)をご紹介します。

 

 

PayPal手数料返金方法

 

 

ペイパルにログインし、カスタマーサービスへ問い合わせの電話をします。

現在コロナウイルスの影響で繋がるまでに時間がかかると記載がありましたが、すぐに繋がりました(17時ごろ)。

オペレーターに繋がりましたら、

 

取引キャンセルした際の、PayPal手数料の返金申請をお願いしたいです。

 

こう伝えてください。

4月30日まででしたらペイパル手数料が返金されます。

一度ペイパル手数料の返金申請をすれば、取引キャンセルごとに電話をしなくても4月30日までなら自動で返金されるようです。

 

 

気を付ける点

 

ペイパル手数料の返金申請をしたからと言って、すぐに適応されるわけではありません。

返金申請後、48時間が経過してからの適応となります。

申請後48時間が経過しておらずバイヤーに返金してしまった際のペイパル手数料は返金されません。

なので、現時点でキャンセルする予定がある場合は、バイヤーに返金まで少し時間をいただく旨のメッセージを送っておきましょう!

 

 

まとめ

 

4月30日までの期間限定ですが、返金申請は必ずしておきましょう。

 

 

 

-eBay、Paypal手数料, PayPal手数料

Copyright© れんとテッド , 2020 All Rights Reserved.