PayPal

eBay輸出 PayPalからチャージバック申請のメッセージ

 

 

先月、ペイパルからチャージバック申請が開かれました。

必要な情報を提出し、審議を待っているところです。

 

今回はペイパルのチャージバック申請についてと、どんなときに開かれるのかについてご紹介します。

 

 

ペイパルのチャージバック申請とは

 

PayPalのチャージバックとは、バイヤーがクレジットカード請求に同意せず、クレジットカード会社に払い戻しを求めたときに起こります。

 

バイヤーがチャージバックを開始するケースとしては、

・商品が説明と違う、または欠陥がある場合
・商品を受け取っていない場合
・クレジットカード請求に覚えがない場合
・支払いが複数回にわたって処理されている場合
・支払いが未承認の場合

 

この中で1番多いのが、「クレジットカード請求に覚えがない」という理由です

いわゆるクレジットカードの不正利用です。

 

 

チャージバック申請への対応方法

 

ペイパルにログインし、問題解決センターをクリックします。

そうすると、現在開かれているケースが表示されます。

 

 

 

現在、このケースは必要事項を提出済みなので、ステータスが審査中となっています。

 

まだ対応していない場合は、商品は発送済みなのか、配送業者、追跡番号など必要な項目を入力し、ペイパルに提出します。

あとはペイパルからの結果を待ちます。

 

クレジットカード請求に覚えがないケースの場合、ほとんどはセラー保護の対象となり資金保留が解けます。

 

 

今回の私のケース

 

チャージバック申請では、クレジットカード請求に覚えがない理由のケースがほとんどなので、今回もそのケースだと思っていました。

ですが、今回のケース理由は商品が説明と異なるとの理由でした。

普段でしたら、eBay上で開かれるケース理由がペイパルで開かれました。

 

追跡番号を確認すると、商品が到着する前に上記の理由でケースが開かれるという理不尽なものでした。

この旨をペイパルに伝えたところ、審議するのはペイパルではなくクレジットカード会社なので返答を待って欲しいとのことでした。

納得がいきませんが、現在返答を待っている状態です。

 

 

まとめ

 

eBayと違い、ペイパルのページは毎日開かないので問題に気付くのが遅くなったりします。

メッセージでも問題があればペイパルから連絡はきますが、私は見落としがちです、、、

 

そうならない為にも、定期的にペイパルを確認するのが良いですね。

わからない点があれば、すぐにペイパルに電話をしましょう!

 

-PayPal

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.