eBay、Paypal手数料 PayPal手数料

eBay輸出 2020年 PayPal規約変更!手数料が返金されなくなった

 

 

 

2020年3月16日にPayPalの規約が変更になったようです。

 

eBay、PayPalで返金手続きを(全額、一部返金)した際に、PayPal手数料が返金されなくなりました。

 

今回はどういう事なのかをご紹介していきます。

 

 

PayPal手数料の返金とは?

 

以前でしたら、全額返金、一部返金に関わらずPayPalの手数料は返金されていました。

ですが、ペイパルの規約変更に伴い、3月16日からペイパル手数料が返金されなくなりました。

PayPal手数料はPayPalの月額利用額によってそれぞれ多少の差はありますが 3.6-3.9% です。

3月16日の前後のペイパルの返金手数料部分の画像です。

 

 

2020年3月12日

ペイパル取引手数料の11.66ドルが返金されています。

 

 

 

2020年3月20日

ペイパル取引手数料は0ドルなので返金されていません。

 

注意ポイント

バイヤー都合のキャンセルでも、セラーへのPayPal手数料の返金はありません。

 

 

真相を確かめる為、ペイパルのとてもながーいユーザー規約を確認してみました。

 

 

パッと見て、ん???と少しわかりずらいですが、

セラーがバイヤーに返金してもセラーがペイパルに支払った手数料は返金しないと記載されてました。

 

高額商品や無在庫(在庫管理を徹底していない)で販売しているセラーにとっては、

キャンセル、返金を行う場合とてもダメージが大きいです。

 

10万円の商品を10回キャンセルすれば

100万円 × 3.9% = 約39.000円です。

 

トータルでみると、大きい金額になってきます。

 

 

今後どうするか

 

規約として変わってしまったものは、受け入れて販売していくしかありません。

対策としては、

 

・第一に在庫管理をする

在庫管理ツールなどを使用して管理するのも1つですね。

私自身も在庫管理ツールを使用して管理しています。

・中古品を扱っているなら検品はしっかりする

・梱包は丁寧にする

 

 

まとめ

 

・3月16日以降、eBay、PayPalで返金手続きをした際、PayPalの返金手数料は戻ってこなくなった

・在庫管理、検品、梱包を徹底する

 

事前にできることをし、少しでも返金を減らしていきましょう。

 

 

-eBay、Paypal手数料, PayPal手数料

Copyright© れんとテッド , 2020 All Rights Reserved.