eBay ケースオープン

eBay輸出 ケースオープン後 返品を受け入れたけど返送してこないバイヤー

 

 

ケースオープンされると、迅速に対応しなければなりません。

返品を受け入れるのか、部分返金をするのか、全額返金をして商品は返送してもらわないのか。

 

どれにせよ、数日以内に対応しないと、最悪強制返金になり、商品が戻ってこないということになってしまいます。

 

 

 

ケースオープンされた場合

 

 

一番下の、Send the buyer a messageからまずはバイヤーに連絡をします。

 

 

 

 

一旦返信を待ち様子を伺います。

ここでスムーズにバイヤーとやり取りができれば問題ないのですが、ケースオープン後、返信をしてこないバイヤーがいます。

メッセージを送信後、バイヤーから返信がないから待っておこうとしてしまうと、強制返金や、問題を解決したなかったとみなされ、セラーレベルにディフェクトがついてしまいます。

 

 

 

1.商品の返品を受け入れ全額返金の場合

 

こうなった場合、返送料はどちらが持つべきかになります。

明らかにバイヤー都合の場合(changed my mind など)は、送料を負担していただきましょう。

返品ラベルを発行しないにチェックを入れると、リターンスタートとなります。

 

商品が破損していた、動かない等、こちらに落ち度がある場合は返送料を負担します。

PDFの返送ラベルをアップロードし、返送していだきます。

 

DHLの返送ラベル作成方法はこちらから確認ができます。

 

商品が到着したら、返金の手続きをします。

 

 

 

2.全額返金の場合

 

商品を返送してもらっても、販売できないような状態や、返送料が高くマイナスになってしまう場合は、全額返金をしてケースをクローズしましょう。

このケースが一番マイナスになってしまいますが、問題を解決するに、ときに必要なことでもあります。

 

 

3.部分返金の場合

 

ケースオープンになった場合、こちらの提案が1番多いかと思います。

マイナスを最小限にする為にも、部分返金を提案しバイヤーに納得してもらいましょう!

 

商品の破損や不具合の度合いにより、提案する金額は変えてみましょう。

また、部分返金のオファーは一度しか送れないので、先にバイヤーにメッセージを送り、OKをもらってから部分返金のオファーを送ります。

 

 

 

返品を受け入れたけど返送をしてこない

 

タイトルにも記載しましたが、こちらが返品を受け入れても返送をしてこないバイヤーは結構います。

返送ラベルを送信している場合は、返送をしてきてくれますが、返送ラベルを送信していないと、めんどくさいのか、そのまま放置されることがあります。

 

その場合は、そのままケースがクローズになるまで待ってみて問題ないと思います。

 

返品を受け入れる→バイヤーの返送待ち→返送してこない→返送期間が締め切られる→ケースクローズ

 

こうなった場合、セラーに何かしらのペナルティはありません。

 

 

 

 

まとめ

 

ケースオープンになった場合、まずはメッセージを送りバイヤーの気持ちを確認しましょう。

バイヤーによって温度差の幅はありますが、迅速に対応すれば問題が大きくなることはありません。

 

また、返品を受け入れた場合でも返送してこないバイヤーは結構いますので、そのまま様子をみてケースクローズになったら、問題なかったんだと思い終わらせましょう。

 

 

 

-eBay ケースオープン

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.