eBay ケースオープン

eBay輸出 ケースオープン後 エスカレーション

 

 

商品のサイズが合わないとのことで、ケースオープンになっている商品がありました。

ケースオープン欄から返信をし、返答を待っていましたが、バイヤーから返信がなかった為、返品を受け入れることにしました。

この時、まだ返送ラベルは送信していませんでした。

 

数日経ち、eBayからバイヤーがエスカレーションしたとのメッセージが届きました。

 

エスカレーションとはバイヤーがeBayに最終的な決断を迫ることです。

その決断は48時間以内に行われますが、内容によっては即座に決断が下されます。

 

こうなってしまうと、ほとんどのセラーは返品なしの強制返金となってしまいます

 

 

 

 

エスカレーションされてしまった場合

 

 

エスカレーションされるとこのようなメッセージが届きます。

 

 

48時間以内にeBay側が決断を下しますが、すぐに強制返金になってしまう場合があります。

なので、こちらのメッセージが届いたらすぐにeBayに連絡をしましょう!

 

何より大切なのが、エスカレーションされる前にバイヤーと真摯に向き合っていたのかがポイントとなります

ケースオープンされた後、放置していたり、対応していないとなると、こちらに非があると見なされ、返品されず強制返金となる可能性が高いです。

ケースオープンされた場合は、すぐにメッセージ対応をすることが大切です。

 

対応したにもかかわらず、バイヤーから返答がなく、急にエスカレーションされることもあります。

そうなった場合は、eBayにその旨を主張しましょう。

そうすることで、eBayが状況を確認し、対応策を与えてくれる場合があります。

 

 

 

今回のエスカレーションの結果

 

 

今回、バイヤーから返答がなく商品が返送されない点を伝えると、ケースが一時保留という形になりました。

 

 

 

その後、eBayを通して返送ラベルをアップロードしバイヤーからの返品を待つ状態で問題ないということになりました。

返品されないうちは、強制返金もされないとのことでした

返品の確認が取れたら、eBay側が自動でバイヤーに返金をしケースがクローズになります。

通常、セラー側で返品の確認が取れたら返金という形が一般的です。

 

万が一、バイヤーが返品を期日までにしてこなかった場合、返金せずケースクローズとなります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回はセラー側が有利となる判断をeBayはしてくれました。

ですが、eBayはバイヤーを大切にするので、エスカレーションされてしまうと、セラーが不利の状態で終わることが多々あります。

トラブルが起きた際は、メッセージ上でやり取りをしたと言う証拠を残して置くことが大切です。

バイヤーとのメッセージのやり取りを見て、eBayは判断をします。

 

 

 

 

-eBay ケースオープン

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.