eBayトラブル

eBay輸出 Defectとは?Below Standardにならない為には

 

 

 

Defectとは?

 

バイヤーからのケースオープンに対して対応が遅れケースオープンがエスカレーションし、強制的に返金、ケースをebay側に閉じられたときにebayからバイヤーに対してしっかり対応ができていませんでした、という形で付けられてしまう評価項目になります。

セラーダッシュボードのTransaction defect rateという部分です。

 

 

 

Transaction defect rate

 

Trancaction Defect Rateは、

 

・Transactions you canceled for being out of stock
・Cases closed without seller resolution

この2つがあります。

 

 

Transactions you canceled for being out of stockとは、

セラー都合のキャンセルの事です。

売れた商品の在庫がなく、セラー都合でキャンセルにしてしまうと、Transaction defect rateにカウントされてしまいます。

キャンセルする場合は、バイヤー都合でのキャンセルを選択しましょう

 

Cases closed without seller resolutionとは、

バイヤーにケースオープンされセラーが負けてしまった場合に加算されるものです。

0.3%以内に抑えないとBelowになってしまいます。

 

ここの部分は気を付けないと、すぐにBelow standardとなってしまいます。

300件に1件でもカウントされてしまうと、Below standardになります。

 

もしここの部分がカウントされてしまった場合、販売件数を増やして母数を増やし、数字を改善させる必要があります。

 

 

 

3ヶ月間の取引数400件以上でDefectを脱却

 

通常Defectがカウントされ、カウントが消えるにはまるっと1年間が必要です。

ですが、3ヶ月で合計400件の取引を達成し、直近3ヶ月以内でDefectが0であれば、Below Standardから脱することができます

 

取引件数はセラーダッシュボード内のSee monthly breakdownという項目から確認ができます。

 

 

 

 

Transactions という部分がその月に販売した個数です。

ここの部分が3ヶ月で合計400件いけば、OKです。

 

販売する商品は安価な商品をオークションで出品するのが良いです。

まとめて仕入れて、単品で販売するといったことがオススメです。

 

ただ、これまで取り扱っていなかったような安価な商品を大量に出品、販売した場合、取引数およびFeedbackを不正に増やしたと見なされアカウントに影響が及ぶ可能性もあると言われているので、様子を見ながら出品した方が良いです。

 

 

まとめ

 

・Defectがカウントされないようにする

・アカウントを維持するためにも販売件数は重要

・3ヶ月で合計400件の取引でDefectを消すことができる

 

自分のアカウントが常にどのような状態かを確認し、健全なアカウントを維持していきましょう。

-eBayトラブル

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.