eBayトラブル

eBay輸出 遠隔地へ発送 商品が行方不明 全額強制返金

 

本日、商品が届いていないとのことで、全額強制返金となってしまいました。

どういった経緯で全額強制返金となってしまったのか、について書いていきます。

 

 

遠隔地に商品を発送

 

今回、発送した場所がオーストラリアでした。

オーストラリアは遠隔地が少し多いイメージかと思います。

今回も遠隔地だったため、送料も割り増しで商品を発送しました。

 

遠隔地の場合、直接DHLが配達するのではなく、第三の配送業者に引き渡されます。なので、DHL上では引き渡された所までしか追跡番号を辿ることができません。

 

 

 

バイヤーから追跡番号が更新されていないとのメッセージ

 

DHLの追跡番号が更新されていないことから、商品がどこにあるのかとバイヤーからメッセージが届きました。

DHL上では、配送業者に引き渡し済みとしか表示されていない為、こちらでも確認がとれない状態となっていました。

 

この場合、日本からは商品の行方を辿ることができないので、バイヤーに確認をとってもらう必要がありました。

バイヤー自身が、DHLに問い合わせをし商品の行方を確認することは可能のようです。

 

その旨を伝え、大丈夫かなと様子を伺っていました。

 

 

 

Buyer has asked eBay Customer Service to review this case

 

ですが、数日後バイヤーがeBayに介入を求めるケースをオープンしました。

こうなってしまうと、48時間以内にeBayが全てを判断することになり、ほぼ全額返金となりアカウントにdefectが付いてしまいます。

 

案の定、強制返金となりアカウントにdefectがつく流れとなってしまいました。

追跡番号がバイヤーに到着となっていない場合、ケースオープンされてしまうとセラーはほぼ負けてしまいます。

残念ですが、今回もそのような状況でした。

 

 

 

DHLとeBayに連絡

 

DHLには商品の紛失届を提出できるのか

eBayには遠隔地だったため、こちらからは商品の行方を辿ることができなかったこと

 

この2点連絡をしてみました。

 

 

結果、

DHLは現地のDHLと連絡をとり、紛失の場合は補償の対象となるようでした。

eBayは、期日までに発送していること、追跡番号が追えないこと、バイヤーと連絡をとっていたことで、defectは削除となりました。

 

 

 

まとめ

 

追跡番号上でバイヤーが商品を受け取っていない為、ケースをオープンされてしまうと、ほぼセラーは負けてしまいます。

プラス、アカウントにdefectが付く可能性があります。

 

商品が届かない場合、バイヤーが現地に連絡を取ってくれることが1番ですが、なかなかスムーズに進まない時があります。

 

問題を最小限に抑える為にも、

 

バイヤーと密に連絡をとる

USのeBayに全てのことを伝え、誠実に対応していることをアピールする

DHLでの補償を申請できるか確認をとる

 

トラブルは最小限で抑えていきましょう!

 

 

 

-eBayトラブル

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.