eBay発送方法

eBay輸出 日本郵便 6月からアメリカ宛 EMSが再開、、、でも特別追加料金?

 

 

 

6月からアメリカ宛のEMSが再開されることになりました。

これで安く発送できると思いきや、特別追加料金がEMS料金に上乗せされるようです。

 

 

6月からのアメリカ宛のEMS

 

 

アメリカ特別追加料金

 

料金表を見てみると、

 

2キロで、6100円、3キロで、8300円という以前と比べて、めちゃくちゃ高い料金になっていました。

 

この価格であれば、クーリエの方が明らかに安いです。

 

 

 

eBayで販売するならクーリエの契約をしよう

 

今後、日本郵便が全て復活したところで、発送が全て日本郵便ではないと思います。

私は、現在全てDHLを使って発送しています。

 

ですので、eBayで販売するならクーリエの契約をすることが大事になってきます。

 

DHL、FedEx、UPSの3つがメインです

 

DHL、FedExは個人事業主でも契約ができますので、まずは契約をしましょう!

販売実績がなくても、個人事業主であれば契約可能です。

 

UPSは法人のみの契約です。

UPSは自社便での輸送なので、発送できる商品の幅が広いです。

 

 

 

まとめ

 

発送する際は、商品の金額やサイズ、重さなどで配送業者を比較し発送することが理想です。

ですが、手間がかかるので、送料の部分をしっかり設定して販売していれば問題ありません。

安く発送したいのか、多少高くても安心がある発送をするのか、これは販売スタイルによって異なるのでご自身にあった発送を選択するのが良いと思います。

 

 

 

 

-eBay発送方法

Copyright© れんとテッド , 2021 All Rights Reserved.