eBayへ販売

eBay輸出 再出品 Relist or Sell Similar どっちを選択?

 

 

商品を再出品する際、RelistとSell similarの2つの方法があります。

 

 

RelistとSell similarどちらを選択するのが良いの?

と、疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

現在、定額の出品はgood til cancelledしか選択できないので、再出品ってあまり使われていない方も多いとは思います。

 

RelistとSell similar何が違うの?

使い分ける必要があるの?

 

違いについてご紹介していきます。

 

 

Relistで再出品とは

 

Relistとは再出品という意味になります。

Relistで出品された商品は、商品をウォッチリストに入れていたバイヤーに「再出品されました!」っというメールが届きます。

在庫が補充されましたという感じです。

 

 

Sell similarで再出品とは

 

Sell similarは類似商品の新規出品するという意味になります。

同じジャンルで似たような商品を出品するときに有効です。

形や重さが同じだけど、タイトルが違うなどの2個目の商品を出品するときに効率が良くなります。

 

 

使い分ける意味

 

どちらも再出品には変わりないですが、RelistとSell similarどう使いわけるの?

それはウォッチが付いているかで判断します。

 

 

 

Relistで再出品する商品

 

ポイント

・ウォッチが付いている商品

・販売履歴がある商品(Soldが付いている)

 

ウォッチが付いている商品に関しては、ウォッチをつけていたバイヤーへ再出品されたというメールの通知が届きます。

販売履歴がある商品で、Soldが付いている商品はバイヤーからすれば何個も販売しているなら安心して購入できる、ということにつながります。

また、ebayでSoldの数が多いと、Best Matchで商品が検索上位に表示されやすくなります。

 

 

 

 

 

Sell similarで再出品する商品

 

ポイント

・ウォッチがついていない

・新規出品として上位に表示されたい

 

ウォッチや販売履歴がない商品はSell similarで再出品したほうが、New Listingの扱いになりSEOが上がり検索上位表示されるので効果的です。

SEOを上げ、バイヤーの目に留まるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

・Relistとは再出品という意味

再出品すると、バイヤーに通知される
ウォッチが付いている商品はRelistで再出品

・Sell similarとは類似商品の新規出品という意味

新規出品として、上位に目立たせたい
ウォッチが付いていない商品はSell similarで再出品

 

使い方をわけてバイヤーに自分の商品を見てもらう機会を増やしましょう。

 

 

 

 

 

 

-eBayへ販売

Copyright© れんとテッド , 2020 All Rights Reserved.